(うやうや)しく 天長節を(むか)

 

目 次

1.    現代語訳

2.      原文文字起し

3.    解説

 

 

1. 現代語訳

明治40年、秋は既に深い。空は高く晴れ爽やかな空気が流れ収穫物が(くら)を満たし人々はなごやかに、皇風(すべらぎかぜ)が至る所にそよぐ時、十一月三日は(まさ)に近づいた。これ、(わが)大和(やまと)民族(みんぞく)三千年の史上比類なき大業(たいぎょう)を成就し光輝(こうき)あたり一面に照らされた明治天皇陛下の天長節を祝すべき日なのだ。日本に生れて明治の日本人である者、(たれ)がその幸運にして此の佳節(かせつ)を祝す光栄を喜ばない者があるだろうか。そして、その中に一団の結社に属する者であって、他と異なる趣味を(いだ)き深く慶祝(けいしゅく)の誠意を表すべき者があるのを信ずる。それはつまり他人ではなく、本年六月を以て年来の宿題を貫徹(かんてつ)し、その一か条を宗教箇条の一つに加えてその立場を標榜(ひょうぼう)した日本メソヂスト教会員こそ即ちその者なのだ。

 

我々は聖書の教える所により、(すべ)て有る所の(けん)は皆神が立てておられるのを信じ、日本帝国に君臨しておられる万世一系の天皇を奉戴(ほうたい)し、国の憲法を重んじ、国法に(したが)うのだ。

 

日本人である我々と(わが)皇室との関係は、単にこの一ゕ条が意味するところに限らない。我々の租先は大まかに言って皇統の男系でなければ創業時代の臣民(しんみん)の子孫なのだ。大和民族は実に一大家族の関係である。我が天皇家の始祖が国を草創された時、(とよ)芦原(あしはら)中津國(なかつくに)である既成の邦国を征服したと言うよりは、(むし)ろ新たに拓殖の(わざ)(はじ)殖民(しょくみん)()したと言う方が妥当であろう。それ以来代々文化を施し産業を興したのであって、一つとして天皇家の保護や指導を受けなかったものはない。天下が麻の様に乱れた状態に(おちい)ったことが無い訳ではない。内憂外患が数々至ったのに、一国が瓦解(がかい)土崩(どほう)(わざわい)(まぬが)れ、乱世を正す時機を来たらしめた者は、つまるところ皇室が存在して民族の中心となっているからで無いのではない。天が我が皇室を通じて此の民族を恵み(たま)うことは素晴しいと言うのさえ愚かなりと言うべきである。そうして(つい)に明治の大業(たいぎょう)(おこ)して世界を驚倒(きょうとう)(ばん)(せい)(てら)そうとするに(いた)っては、皆我が皇室の天祐(てんゆう)の厚さを証明しないではいられないのだ。幕政三百年の鎖國は実に基督教に関することが最も多い。今や維新以来(わず)かに四十年。我々基督信者も他の旧来の宗派と一視同仁(いっしどうじん)の保護自由を享受するのは実に(これ)は世界の偉観(いかん)である。()えて基督信者の自由だけを言わないで、(かつ)て宗教の地位に在って重大な待遇(たいぐう)被った神道仏教も共に一種の宗教として平等の待遇を受けるに至っては更に驚くべきことであると思う。信教の自由を誇称する欧米列強に()いても、我国以上に各宗教が均等の待遇を受ける国は無いのです(北米合衆国を除いては)。欧米諸洲中最も自由な新法を有する処には取分け法外な処置がある処が多いけれども、(わが)信教の自由は()(たぐい)ではない。明治の(はじめ)より(ようや)く宗教の自由が実地に行われて進み、憲法に明記されたのであるからには、空疎な文章で実効性が無いという懸念はありません。国内国外の歴史を(かえり)みると、宗教の一派や新宗教が公の許可を得る時には、多くはその君主が(みずか)これを信奉し、その威望に依って臣民を誘導して共にこれを信奉させることがある。この様にして新教派は自由を()くると共に他の教派は抑圧を加へられることを(まぬが)ない。(わが)明治の信教自由は全くこれと異り、政教別途の原則を重んじて新旧共に平等である。皇室とは毛髪ほどの関係も無い。日本臣民の信教自由は純粋に自由なのだ。生命財産は法律に拠って安全なのだ。国防は世界第一流の陸海軍が任に当たる。日本人民は全員この世の幸bこの世に求めることができる。決して内外教会の助力は必要ないのである。純粋な信教自由の国に住んで純粋に宗教道徳を学べることについて、日本に()ける基督信徒以上の者、これを世界の何処に(もと)めることができるだろうか?これは全て(わが)皇室が天の助けにより我々に与えてくださったものなのだ。従ってこう言おう、日本臣民であって最も高尚にして最も大なる恩恵を今上(きんじょう)陛下(へいか)より頂いた者は基督信徒であると。(よろ)しく真心から忠義の心を(いだ)いて正義を実行し、仁愛の道を(ほどこ)してその並々ならぬ御恩に(むく)いようとすべきである。

 

そもそも国家が成長し繁栄する(とき)当り天皇陛下の国家統治に力を添え国の勢力を拡張しようとするなら、民心を広く大きくしてその好みの質を高くし、その情緒を(あつ)くしてその言行を正しくし、至る処で世間の人心の助けとなる徳風を養うよりも大切なものはない。その様にして我々基督信徒が、天の父の完全を理想として(すくい)(ぬし)の献身を模範とし、主が与えて下さった安心と慰めの中に()ってその本分を尽くそうとすることを(ちか)うならば、願わくば佳節(かせつ)慶祝(けいしゅく)の本旨に(かな)う者となることを。 頓首(とんしゅ)敬白(けいはく)

(明治40年10月28日 越中富山市に於いて)

 

 

2. 原文文字起し

明治四十年秋既に老いたり。天(あきら)かに()清く(くら)(ゆた)かにして(そう)(せい)和し、皇風(すべらぎかぜ)四邊(しへん)にそよぐの時、十一月三日は(まさ)に近づけり。()(わが)大和(やまと)民族(みんぞく)三千年の史乗(しじょう)中比類なき大業(たいぎょう)を成就し光輝(こうき)八絃(やつを)に照らし給ヘる明治天皇陛下の天長節を祝すべきの日なり。生れて明治の日本人たる者、(たれ)()の幸運にして此の佳節(かせつ)を祝すの(こう)(えい)を喜ばざるものあらんや。(しこう)して()が中に一團(いちだん)の結社に属するものにして、他に(ことな)れる趣味を(いだ)き深く慶祝(けいしゅく)の誠意を表すべき者あるを信ず。其は即ち他人にあらず、本年六月を以て年來の宿題を貫徹(かんてつ)し、左の一ヶ條を宗教個條の一に加へて其の立場を標榜(ひょうぼう)せる日本メソヂスト教會員こそ即其の者なれ。

 

吾人(われら)は聖書の教ふる所により、(すべ)て有る所の(けん)は皆~のたて給ふ所なるを信じ、日本帝國に君臨し給ふ萬世一系の 天皇を奉戴(ほうたい)し、(こく)(けん)を重んじ、國法に(したが)ふ。

 

日本人たる吾人(われら)(わが)皇室との關係は、單に右の一ヶ條に合蓄(ごうちく)せるに限らず。吾人の租先は概して(こう)(いん)(ながれ)を酌む者にあらざれば創業時代臣民(しんみん)の子孫なり。大和民族は(じつ)に一大家族の閾係なり。我が高祖(こうそ)高宗(こうそう)の國を(はじ)めらるヽや、(とよ)芦原(あしはら)中津國(なかつくに)なる既成の邦國を征服せりと言はんよりは、(むし)ろ新たに拓殖の(わざ)(はじ)殖民(しょくみん)()せりと云ふ方適當(てきとう)なるべし。()()代々文化を()き産業を輿(おこ)す一として 皇家の保護誘掖(ゆうえき)(こうむ)らざるなし。時に天下(らん)()の状態に(おちい)りたることなさにあらず。内憂外患比々(ひひ)至れりと(いえど)も、一閾(いっこく)瓦解(がかい)土崩(どほう)(わざわい)(まぬが)れ、撥亂(ばちらん)反正(はんせい)の時機を(きた)らしめたる者は、畢竟(ひっきょう)皇室の存在して民族の中心となれるに()らずんばあらず。天の我が皇室を通じて此の民族を恵み(たま)ひしこと(かしこ)しと云ふも愚かなりと云ふべし。(しこう)して(つい)に明治の大業(たいぎょう)(おこ)して一世を驚倒(きょうとう)(ばん)(せい)(てら)さんとするに(いた)りては、皆我が皇室の天祐(てんゆう)の厚さを(しょう)せずんばあらざるなり。幕政三百年の鎖國は(じつ)に基督教に(かん)すること(もっと)も多し。今や維新以(わず)かに四十年。吾人(われら)基督信者も他の舊来(きゅうらい)の宗派と一視同仁(いっしどうじん)の保護自由を享受するは(じつ)()れ世界の偉観(いかん)なり。(あえ)て基督信者の自由のみを()はず、(かつ)て宗教の地位に在りて重大なる待遇(たいぐう)(こうむ)れる神道佛教も共に一種の宗教として平等の待遇を受くるに至りては更に驚くべきことなりとす。信教自由を誇稱(こしょう)する欧米列強に(おい)ても、我國に(まさ)りて各宗均等の待遇を受くる者あらざるなり(北米合衆閾を除きては)。欧米諸洲中(もっと)も自由なる新法を有する處には(とりわけ)法外なる處置(しょち)ある(ところ)多けれども、(わが)信教の自由は()(たぐい)にあらず。明治の(はじめ)より(ようや)く宗教の自由實地(じっち)に行はれて進み憲法に(あら)はれたる者なれば、(きょ)(ぶん)無實の(けん)なし。内外の史乗(しじょう)(かえりみ)るに一派新教の公許を受くる時に多くは其の君主(みずか)(これ)(ほう)()の威望を(もっ)て臣民を誘導して共に之を奉ぜしむることあり。()くて新教派は自由を()くると共に他の教派は(あつ)(よく)を加へらるヽことを(まぬが)れず。(わが)明治の信教自由は全く(これ)と異り、政教別途の原則を重んじて新奮共に平等なり。皇室とは(ごう)も閾係なし。信教自由の日本臣民に於けるは純粋自由なり。生命財産は法律によりて安全なり。(こく)(ぼう)は世界第一流の陸海軍をもて任ぜらる。日本人民一切世上の幸bヘ世上に之を求め得べし。決して内外教會の助力を要せざるなり。純粋なる信教自由の(ごう)()りて純粋に宗教道徳を學ぶの便(べん)あること、日本に()ける基督信徒に()ぐる者(これ)何處(いずく)にか(もとめ)んや。是れ皆(わが) (すべらぎ)天祐(てんゆう)の下に吾人(われら)(たも)ふ所なり。故に(いわ)く日本臣民にして(もっと)も高尚にして(もっと)も大なる(おん)(たく)今上(きんじょう)陛下(へいか)より(こうむ)れるものは基督信徒なりと。(よろ)しく誠忠(せいちゅう)の心を(いだ)て正義を實行(じっこう)し、仁愛の道を施して其の高恩に(ほう)ずることを(はか)るべし。

 

(そもそも)國家興隆(こうりゅう)(とき)に當り皇謨(こうぼ)翼賛(よくさん)(こく)(りゅう)擴張(かくちょう)せんには、民心を(かつ)(だい)にして()好尚(こうしょう)を高うし其の情緒を(あつ)うして()の言行を正しうし至る處世道人心を裨益(ひえき)するの徳風を養ふより大なるはなし。(しこう)して吾人(われら)基督信徒が天父の完全を理想として(すくい)(ぬし)の献身を模範とし、主の(あた)ふる安慰(あんい)の中に()りて其の本分を(つく)さんことを(ちか)はゞ(わば)庶幾(こいねがわ)くは佳節(かせつ)慶祝(けいしゅく)の本旨に合ふ者あらん。 頓首(とんしゅ)敬白(けいはく)

(明治四十年十月二十八日 越中富山市に於いて)

 

4.    解説

この原稿は明治40年10月28日(月)に書かれています。この日庸一は富山市会堂で歓迎会があり、「組織に付き」て演説をしています。前日も同所で演説をしています。この原稿は何処かで発表する為に宿泊所で書き上げられたのでしょう。あるいは27日の演説の原稿を書き直したものなのかも知れません。

この原稿は独特のリズム感に溢れ、庸一の高揚感や勃興期の日本の雰囲気が伝わってきます。現代語訳はそれが失われるので原文を併せて読んで頂きたい。幕末、明治維新、日清日露戦争を体験した庸一にとって彼が目指したキリスト教は日本を欧米列強に伍して生存せしめるための日本人の精神的支柱だったと思われます。宗教家、経営者としての庸一はその「坂の上の雲」を目指したのでしょう。庸一が仕えていた津軽藩藩主は近衛家の宴席であり津軽藩は官軍側に付いたことにも目配りしたいと思います。

庸一はこの時53歳で、メソジストの監督として東奔西走の日々でした。ちなみにこの原稿が書かれた10月は弘前、盛岡、仙台、浜松、静岡、豊橋、沼津、金沢、富山、福井を訪問し、ほぼ連日会議や講演を行っています。庸一は64歳で長崎にて客死するまでその様な生活を送ったことが資料から判ります。山北青山学院院長はそれを「過労死」と表現しておられましたが、21世紀を生きるクリスチャンはそのことを知っておくべきでしょう。