日本の心

 

日本を知る百編プロジェクト

日本人のクリスチャンが人口比1%に満たない問題の原因を考え、その原因が、日本のクリスチャンが欧米の言を学ぶばかりで日本を知らないからだということに気付きました。

日本人が日常使っている言葉で語りかけなければその言葉は相手の心には届きません。日本語には二千有余年の日本人の神道や仏教や儒教の思考が沁み込んでいます。では何を読んだら日本の心が解かり、欧米の翻訳語ではなく、人々の心に刺さる言葉を使えるようになるでしょうか?日本には膨大な文献があり、それを全て読んで理解するには膨大な時間が必要です。

そこで、日本の思想書、文学書から100篇を選び、それを現代語に訳して一冊の本に纏めることを考えました。その本こんな感じです。

この一冊を読めば日本人のこころの構造、言葉遣いの基礎は身に付く様にしたいものです。

では、どういう作品をこの本に収録すれば良いのでしょうか?それを皆さまとご一緒に考えてゆきたいと思います。

収録すべき作品の候補の一覧を作りました。以下をクリックして一覧をご覧になり、ご意見、感想をFaceBookに投稿したり support@ekyoukai.org までメールでお教えください。

日本文学収録候補一覧       日本思想収録候補一覧

faceBookへのアクセスはFacebook用をクリック。